家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

寝室を計画する上で配慮すべきポイント

f:id:Frappuccino:20190605040552j:plain

寝室は一日の疲れた体を休めるためのとても大事な場所です。

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

今回は、疲れた体をストレスなくしっかりと休めることができる寝室を実現するために必要となるポイントを以下にまとめていきます。
なお、ここでは主に夫婦で就寝する主寝室を想定してまとめていきます。

寝室の位置

まず家の中における寝室の配置ですが、特に音に配慮する必要があります。例えばトイレに隣接していたり、2階トイレの直下に寝室などにしてしまうと、排水音による睡眠の妨げが生じる恐れがあります。
縦方向においてはトイレとの重なりを避ける、トイレと隣接してしまう場合はウォークインクローゼットなどの収納でワンクッションおく、などの配慮がほしいですね。
同様に、主寝室と子供部屋の隣接も基本的にはプライバシー上避けるべきで、どうしても隣接してしまう場合はやはり収納を間に介するのが望ましいです。納戸やウォークインクローゼットが挟まれていれば理想的ですが、スペース的に厳しいようであればクローゼットを配置するだけでも効果的です。 

寝室の大きさ

次に、寝室の大きさです。

4.5畳:主寝室としてはかなり厳しいです。ダブルベッドを壁にくっつけて配置してほぼ空間を占領してしまい、他の家具はおそらく置くことができず、収納もかなり計画しづらくなりそうです。仮に収納を置くことができたとしても、クローゼットの扉が開かない、ものの出し入れがしづらい、などといった不便が生じる可能性が高いです。

6.0畳:ベッド周囲に何とか通路としての幅を確保することができるので、主寝室として最小限の規模といえます。都心部などの狭小地においては、この規模感の主寝室が標準的になります。

8.0畳:6.0畳に比べてかなり余裕が生まれてくるので、例えばちょっとした本棚、テレビやドレッサーなどを置くことができ、就寝以外のプラスαの機能を備えることができます。寝る前のくつろぎタイム、スキンケアなども可能になってきます。

10.0畳:さらにスペースにゆとりが生まれてくるので、部屋の一角を書斎にしたり、バーカウンターを設けたりすることもでき、通路幅も十分に確保することができます。 

また、まれに年配のご夫婦や、いびき・歯ぎしりなどの理由で夫婦で別々の寝室にするというパターンもあります。大人ひとりが寝る必要最小限の部屋を2つ並べるという選択肢ももしかしたらあり得るかもしれませんね。
夫婦の寝室を別室にする選択肢については下記の記事が参考になります。

www.my-home-dream.com

 

ベッドの配置

ベッドのレイアウトについては、周囲通路幅を600は確保するようにして、室内での移動時のストレスを感じないようにしておきたいですね。収納の扉を開けたときに扉がベッドにあたらないかどうかについても要チェックです。
また、できれば枕の位置が窓の付近にならないようにしたいですね。外部から伝わってくる冷気が不快感を与えることがあります。エアコンからの風がダイレクトに枕付近を吹き付けてしまうような位置関係も望ましくありません。風向きを上にしていたとしても、特に冷気の場合は吹き出した後下に降りてくるので、寒く感じることが多いです。
ベッドの配置と合わせてエアコンの配置と向きにも注意しておきたいですね。 

その他、寝室に癒しを取り入れる手法

インテリアの色彩として、緑色をうまく取り入れることによって、色による癒し効果が期待できます。緑には「安心、安定、調和、リラックス、自然」をイメージさせる特性があり、疲れた目をリフレッシュさせるためにも効果的です。日中のデスクワークが多く、パソコンと向き合う時間が多い仕事をされている方にとっては最適です。
ただし、室内に観葉植物を置きたい場合は壁と色が同化してしまうので、トーンを抑えた緑にするか、緑の壁と植物は離してレイアウトするなどの配慮が必要になります。

さらに、色だけではなく、壁材の性能面でも工夫することができます。最近ではミネラル鉱物を含んでいてマイナスイオンを発生させる壁紙などもあるので癒し効果にこだわりのある方は検討の余地があるかもしれません。ただし、効果の感じ方には個人差があるので注意が必要です。

また、寝室は長時間人が滞在する部屋になるので、調湿性や防臭性のある仕上げ材料も適しています。そのような機能を備えた壁紙を選択する、あるいは、無垢のフローリングや、漆喰・珪藻土などの塗り壁も調湿作用があり室内環境を快適にするうえで効果的です。

角部屋として計画することが可能であれば、2面に窓を設けてしっかりと通風・換気が確保できるようにして衛生的で快適な空間とするべきです。

寝室に鏡はNGとよく言われます。光の反射や映り込みが気になってしまうと日々のストレスが積み重なる恐れがあります。ちなみにどこまで気にするかは人それぞれですが、風水的にもタブーとされます。 

以上、快適な寝室を作るためのポイントをまとめてみました。日々の疲れをしっかり癒すためにもぜひ参考にしてみてください。