家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

フルフラットキッチンのメリット・デメリットまとめ

f:id:Frappuccino:20190606153243j:plain

キッチンのワークトップがフルフラットになっていると何かといいことがありそうですね。

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

フルフラットキッチンとは、シンクや調理台周りに高い立ち上がりがなく、キッチンの端から端までが段差無しでフラットになっているようなキッチンのワークトップの形式です。

ワークトップが広く確保できて見栄えも良いことから近年非常に人気で、展示場なんかでも非常によく見かけるスタイルですね。

最近人気で主流になっているだけに、フルフラットキッチンにしようかと検討されている方も多いと思います。

しかしその前に、メリット・デメリットを十分に把握した上で採用を決定したいですね。今回はそんなフルフラットキッチンの特徴をまとめていきたいと思います。

フルフラットキッチンのメリット 

まず何より存在感のある見た目は言うまでもなくデザイン的なメリットと言えるでしょう。キッチンが広く見えて、解放感も生まれる。フルフラットキッチンを優雅に使いこなすライフスタイルに強く憧れを持たれている方もたくさんいらっしゃると思います。

オープンな雰囲気も増すので、調理者がリビングダイニングにいる人としゃべりながら、コミュニケーションをとりながら料理することができるので、楽しく作業ができそうです。

そして、段差がなく、作業スペースとカウンター側の間に邪魔な立ち上がりなどもないので、配膳がしやすい・掃除がしやすいというメリットも大きいです。

ダイニング側に椅子を置けば、モーニングカウンターとしても利用できるので、食べる時間がバラバラだったり、朝があわただしい場合なんかにも活躍します。

フルフラットキッチンのデメリット 

立ち上がりがない分、ダイニング側にいる人から作業をしている手元が丸見えという点がデメリットとして挙げられます。手元が丸見えなのが落ち着かない、作業スペースが丸見えな分、常にきれいに保っておかなければならないというプレッシャーが生じます。

オープンな分、水も結構飛んでいきますので、汚れたらすぐに拭かなければならない、となります。

常にシンク廻りが丸見えの状況なので、洗い物が溜まっている状態を目にするとストレスを感じるようであれば、使ったらすぐに洗い物、片付け、ということになります。

食事時間がバラバラで、後でまとめて洗い物する形にしようとすると、しばらく洗い物はシンクに置きっ放しになると思いますが、それがフルフラットの丸見えの状態で気にならないかどうか。気になるとしたら、洗い物の回数が増えそうとか、そのあたりをイメージする必要がありそうですね。

まとめ 

スタイリッシュで見た目はたいへん魅力的ですが、美しい状態を常に維持していくことができるかどうかが、一つの判断基準になってきそうですね。

掃除が苦手な場合は採用しづらいかもと思われる方もいるかもしれませんが、逆に、お気に入りのカッコいいキッチンを手に入れることによって意識が高まって以前よりも気合が入って掃除をするようになったというパターンもよくあります。

上記のメリット・デメリットを把握したうえで自分に合っているかどうか、あるいは、自分に合っていなさそうだとしても、意識改革ができるかどうかをじっくり検討されてみてはいかがでしょうか。