家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

トイレをホテルライクな空間に演出する方法

f:id:Frappuccino:20190612213944j:plain

トイレを魅力的な空間にしてみてはいかがでしょうか?

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

今回はトイレを魅力的な空間にするアイデアをまとめていきたいと思います。
トイレは実は遊べる空間です。小規模な空間なので、多少スペックの高いような凝った仕上げ材料を使ってもそこまでコストが跳ね上がるというようなことがありません。

独立した一つの空間なので、他の部屋との統一性や関連性をさほど気にせずに、思い切って全く雰囲気の違うデザインにするのもありです。

いっそのことホテルライクな空間にして、ゲストをしっかりともてなすことができる自慢のトイレ空間を創出してみるというのはどうでしょうか。

凝ったトイレ空間のデザインを検討中の方はぜひ参考にしていただけるとうれしいです。

トイレの仕上げ 

まず最も思いつきやすい手法としては、トイレ内の壁面の仕上げにこだわるという点です。例えば4面ある壁の内の1面をアクセントウォールとして、異なる色の壁紙クロス、タイルなどにするという手法はよくありますね。

白・黒・グレーを中心としたモノトーンの色調、あるいは彩度をしっかり落とした暗めの色調を中心に選んであげればシックでモダンなトイレが演出できて、ホテルライクな印象に近づけやすいですね。スリッパやトイレマットなどを設ける場合は、空間と統一感のある色調で選定するように油断しないようにしましょう。

これとは逆に彩度の高い色をアクセント的に取り入れるというような手法も考えられます。白の空間に一面だけ鮮やかなオレンジの壁、といったような演出も面白いですね。南国のリゾートホテルのトイレなんかでしばしば見かけるような印象です。

テクスチャの美しいタイル壁も印象的ですが、全面タイルはどうしてもやりすぎ感が出やすいので、どこか1面をアクセントウォールとするのがちょうど良さそうですね。

クロス、タイルのほか、珪藻土による壁も考えられます。

珪藻土とは植物性のプランクトンが堆積・石化してできた天然素材で無数の小さな気孔を伴った塗壁材料です。この無数の気孔が、湿気を吸ったり吐いたりしてくれたり、ニオイを吸い取ってくれたりしてくれるとともに、汚れも吐き出す自浄作用もあります。

トイレは、1日に何度も使用される場所であり、常に汚れや水の飛び散りにさらされるので、このような調湿作用・消臭作用・自浄作用のある材料は機能的にも非常に適していると言えます。

また、機能性のみならず塗壁独特のテクスチャは間接照明やインテリアグリーンとの相性もいいので、ホテルライクなトイレに貢献すること間違いなしです。

トイレの照明 

住宅のトイレは、ダウンライト一つあれば十分な明るさが確保できます。ホテルライクなトイレの照明としてはやや薄暗めを目指すのが効果的なので、間接照明だけで明るさを確保するという手法もありです。コーニス照明やコーブ照明で天井や壁面を照らすような手法が効果的です。コーブ照明などの場合は視界に光源が入ってしまわないように、目線よりも高い位置に光源を設けるようにしましょう。

カウンターやペーパーホルダーに間接照明を仕込んで下方に向けて照らす場合、床仕上げ材に注意しましょう。艶のある反射するような材料だと光源が映り込む場合があります。 

トイレの収納 

ホテルライクなトイレを目指す上で収納計画を忘れてはいけません。
トイレットペーパーのストック、掃除用品やサニタリー用品などが丸見えになってしまっていると、一気に生活感がにじみ出てしまいます。 

生活感の排除が大事です。トイレ内に物を置く場合はしっかりと「隠す収納」を徹底しましょう。あるいは、トイレとは別の場所でトイレ関連用品を保管することのできる収納スペースを忘れず確保するように心がけましょう。

もし「魅せる収納」を試みるとすれば、例えば壁面にニッチを設けてオシャレな小物を並べるという手法があります。ルームフレグランスやフェイクグリーンみたいな爽やかさを感じさせるような小物とトイレットペーパーのストックを1つか2つ並べる程度がいいでしょう。あまりたくさん置きすぎると生活感が漂ってしまったり、ホコリを掃除するのが面倒になって、かえって汚くなりかねないので、ちょっと寂しいぐらいがちょうどいいでしょう。

その他にも、トイレリモコンやペーパーホルダーなどのデザインも確認しておきたいですね。 

まとめ 

いかがだったでしょうか。家のトイレをホテルライクな空間に演出する方法にはさまざまなアイデアがありますね。簡単に取り入れやすい手法もあるのでぜひ取り入れてみていただけるとうれしいです。
来客時にトイレを使ってもらうのが楽しみになってしまうほど、自慢のトイレにしてしまいましょう。