家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

2階リビングのメリット・デメリットを徹底解説

f:id:Frappuccino:20190613002017j:plain

リビングを1階と2階のどちらにするべきか。

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

一般的にリビングは1階に配置することが多いですが、2階にすることもしばしばあります。今回は2階リビングという選択肢について考察していきたいと思います。
どのようなケースにおいて2階リビングという選択肢が有効になりうるのか、そのメリットやデメリットについてもまとめていきたいと思います。

2階リビングが効果的なのはどんなとき?

まず、どのようなときに2階リビングという選択肢が登場してくるのでしょうか。

主には2つのパターンが考えられます。

一つ目のパターンは都市部の密集住宅地で、1階にほとんど日が入らないような場合です。狭小な敷地が並ぶようなエリアでは、敷地境界線めいいっぱいに建物が配置されることが多くなるので、1階に十分な採光が得られずにリビングが薄暗くなってしまう場合があります。

一般的に2階に配置されることが多い寝室は、日中の採光が十分に確保できなかったとしても、生活する上でそこまで支障にならないことが多いです。ということであれば、各寝室を1階に、LDKを2階に配置することによって、採光を確保するという考え方です。

もう一つのパターンは、自然の景観に恵まれているような土地で、2階にリビングを設けたほうが豊かな眺望を生かすことができるといったような場合です。

2階リビングのメリット

開放感  

前述のように、2階リビングは採光を得やすいので、明るく開放的なリビングを実現しやすいです。天窓や高所窓も採光上効果的に設けやすいですね。

また、窓から外の景色を眺めたときにも利点があります。1階の窓に比べて2階の窓は視線を遮るものが少なくなってくるので、より開放的な眺望を楽しむことができるリビングを実現しやすいといえます。

周囲からの視線も気になりにくくなります。もちろんお隣の2階窓やバルコニー位置等は注意する必要がありますが、道路側の通行人からの視線を気にしなくて済む等のメリットはありますね。

構造 

一つの空間となったLDKは大きな空間になりがちです。一般的にこの大きな空間となったLDKが1階に配置されるわけですが、これは構造的には不利な条件となります。

しかし、2階リビングとした場合は寝室等の小部屋が1階に並ぶことになります。その結果、自ずと1階の壁が多くなり、構造的には有利な建物になりやすいです。

2階リビングは構造的な観点から考えると、実は理にかなったレイアウトと言えそうです。

防犯 

リビングは開放的な空間を求められるがゆえに、大きな開口がたくさん設けられる傾向があります。そしてこのような大きな開口は、当然防犯上の弱点となります。
そのような防犯上の弱点となる大きなサイズの掃き出し窓が、1階と2階のどちらにあるかを比べて想像してみると、2階リビングは防犯上有利側になると言えますね。 

2階リビングのデメリット

庭とつながらない 

まずはリビングと庭の連続性が確保できないという点がデメリットとして挙げられるでしょう。リビングから直接地面のレベルにアクセスできないというのはやはり気になってしまうという方も多いのではないでしょうか。

広めのバルコニーをしっかりと確保して、庭に代わる魅力的な外部空間で補完できるように計画したいものですね。豊かな眺望があれば理想ですし、バルコニーにちょっとした椅子を置いてくつろぐことができる、高木を下に植えておけば、バルコニーレベルからはちょうど樹木の枝葉を眺めることができる、バルコニーサイズを調整すれば2階リビングへの外部からの視線のシャットアウトにもなる...etc庭との連続性を失うデメリットは大きいですが、それを補う魅力的な工夫はたくさん考えられそうです。

階段の上り下り 

LDKが2階にある場合、階段の上り下りが多くなるのは大変になるかもしれません。買い物から帰ってきたときの荷物の搬入、ゴミの搬出、宅配便来客のたびに階段上り下りしなければならない...etc。

今現在は容易に上り下りができていたとしても、老後の時のことを考えておく必要もありそうです。毎日の上り下りが将来的にも問題ないかという点は検討しきたいですね。階段を少し緩やかな勾配で計画しておく、手すりの形状など、可能な限り上りやすさ・安全性を重視した階段にしておくといった配慮もしておきたいですね。場合によってはホームエレベーターの設置という手法も考えられます。

その他、家具や家電の搬入も困難になる可能性があります。階段部分の幅寸法など、事前にしっかりと確認する必要があります。

夏の暑さ

1階に比べると、2階は暑くなりやすいです。日当たりが良好というメリットの裏返しのようなものですね。

シーリングファンやサーキュレーターの設置、窓の位置やサイズの適正化等でカバーするようにしましょう。 

ちなみに、冬は暖かいリビングになりやすいと言われます。温かい空気は上に上昇するので、1階に比べて2階の方が温度が上がりやすく、底冷えをそこまで気にすることなく一定の快適性は確保することができそうです。

子供の帰宅がわかりにくい  

外から帰宅した子供がリビングにアクセスすることなく、自分の部屋に直行できてしまうため、親子間のコミュニケーションが希薄化する場合があります。大学生ぐらいにもなればそれでも問題ないかもしれませんが、やはり少なくとも高校生ぐらいまでは日々のコミュニケーションを大切にしたいものです。

2階リビングの近くに帰宅後に宿題や勉強ができるようなちょっとしたスタディコーナーを設けるなど、家族の距離感を縮めるしかけがほしいところです。

まとめ 

いかがでしょうか。2階リビングの特徴をしっかり把握いただけましたでしょうか。メリットは非常に多いですが、同じぐらいデメリットもたくさんあります。特に2階リビングは老後の暮らしやすさにも大きな影響を与えてしまう可能性があるので、あとで後悔しないためにも慎重な判断が必要となります。

メリットをしっかりを享受することができ、デメリットが可能な限りケアされた快適で豊かな2階リビング空間を実現してくださいね。