家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

バスコートで豊かな浴室を

入浴を癒しの時間にしたいと願う人はたくさんいると思います。

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

「バスコート」はそんな願いにこたえる有効な手法の一つになるかもしれません。

スコートとは、浴室とつながる庭やテラスのことを指します。

「Bath Court」ですね。

外の景色を眺めながら、自然光を浴びながら入浴時間を楽しむことができる、お風呂好きにはたまらない選択肢であると言えます。今回はこのバスコートという選択肢について考えていきたいと思います。 

スコートの作り方 

敷地めいいっぱいに家を建てると自ずと細長い通路上の空地が残ってきますよね。

このような人がやっと通れるようなわずかな空間に対して、視線を遮るための高さを持つ塀を建て、植栽を植えて、あとは浴室に窓があればバスコートが出来上がります。塀は植栽の背景にもなるので、仕上げの色や質感にこだわってみるのも楽しいですね。わずかに余った空地を生かすことで緑を視覚的に楽しむことができる入浴時間を創出することができます。

日差しも十分に取り入れられるように、配置・方角にも配慮して計画したいですね。

窓を開ければ風を取り入れながら外気を感じることができ、さらにはドアで外部へのアクセスを確保してテラスとのつながりのあるバスコートも考えられます。 

2階に浴室がある場合は奥行きを少し大きく確保したバルコニーに面してお風呂を配置し、バルコニーと浴室の間に窓を設けることでバスコートが出来上がります。

例えばバルコニーに南国風のヤシの木の鉢植えを置いてあげるだけでもかなり雰囲気が出てきます。

バルコニー手摺の高さは通常は1100mmが標準的な寸法ですが、あえてもっと高くしていくことで外からの視線をしっかりと遮断します。外界からは自然光が差し込むだけです。一方、浴室内から外を見たときも、町の景色や隣の建物は一切見えなくなります。見えるのはバスコートと空だけです。

外界としっかり遮断され、プライバシーが確保された非日常的なバスコートが生まれます。

また、お風呂だけではなく洗面室もバルコニーに面するように配置することができれば、選択するときの物干しが非常に楽になりますね。

スコートの注意点 

魅力的なバスコートですが、注意したいポイントもあります。一般的に浴室はプライバシー性の高い空間であることから、窓は必要最小限として、基本的には閉ざす方向で計画するのが基本です。それをあえて積極的に外部空間との関わりを持たせるということは、必然的に、防犯やプライバシーに関して十分に注意して計画する必要が生じてきます。

近隣からの視線はきちんと遮られているか、開口部の防犯対策をどの程度まで講じるのか、面格子や防犯ガラスの必要性、あるいは外構計画でしっかりと侵入ルートを遮断するのかなどについて要注意と言えます。

防犯上の理由から、2階以上のフロアに浴室を配置した上で、ベランダやテラスに植栽を設けてバスコートとするパターンも多いです。間取りの初期の段階である程度方針を定めておきたいところですね。 

まとめ 

スコートは、日々の疲れを癒す入浴時間をより豊かで魅力的にする手法として非常に効果的です。

しかし一方で、防犯・プライバシーについては十分な注意が必要です。なのでまずは、十分納得できる防犯・プライバシー対策を講じた上で、豊かな入浴時間の創出に挑むようにしましょう。