家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

モノトーンのインテリアデザイン

f:id:Frappuccino:20190702224234j:plain

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

白、黒、グレーを使い分けながら、徹底的にモノトーンで構成したスタイリッシュな空間は非常に魅力的です。シックでモダンな空間はなかなか人気で、「やわらかさ」「あたたかさ」とは異なる独特の魅力があります。

こんかいはそんなモノトーンの空間の魅力のアイデアについて、事例を交えながら考察していきたいと思います。インテリアのデザインの方針を検討中のみなさんにとって、一つのヒントになることができればうれしいです。

景色を主役に 

f:id:Frappuccino:20190702225929p:plain

 出典:「重量木骨の家」HPより引用

    https://www.mokkotsu.com/

床・壁・天井が白で統一されていますが、ソファ、椅子、窓枠にグレーや黒を使うことで間延びしない程度に空間に抑揚を持たせています。ある程度のリズムがあるにせよ、モノトーンで統一することによって空間は抽象化され、均質な場が生まれます。

こうして生まれた均質な空間において、窓は非常に大きな存在感を持ちます。モノトーンの中に輝く鮮やかな緑が非常に美しく、外の景色が大きな一枚の絵画のように意味を持つようにすら感じられます。

見たい・見せたい景色を引き立てるために効果的な手段として、モノトーンのインテリアは一つの有効な手段ととらえることができそうですね。

あらゆるものがアクセントに 

主役になるのは決して外の景色だけではなく、モノトーンの空間ではあらゆるものが空間のアクセントになり得ます。 

f:id:Frappuccino:20190702233014j:plain

 出典:「株式会社 レスパイトサービス」HPより引用

      http://www.re-nahome.com/renovation/ 

 ↑このように、室内の観葉植物の緑もモノトーンの中で美しく引き立てられます。インテリアグリーンを部屋の中で楽しみたい方にとっては非常に魅力的ですね。

 

f:id:Frappuccino:20190702234030j:plain

出典:「アキュラホーム」HPより引用

     http://www.aqura.co.jp/ 

 ↑あえて高彩度の差し色を使うと印象的な効果が期待できます。 お気に入りの家具やカーテンなどを使ってドラマチックな演出をしてみましょう。ただし、あちこちにアクセントを設けすぎるとうるさくなってしまします。ひとつかふたつ、空間にぽんと置いてあげる程度にしておくのがちょうどいいです。

 

f:id:Frappuccino:20190702235706j:plain

出典:「株式会社クラフト」HPより引用

     https://www.craftdesign.co.jp/ 

 

 

f:id:Frappuccino:20190703003506j:plain

出典:「株式会社アシスト企画」HPより引用

     https://www.assisthome.co.jp/ 

↑無機質なモノトーンの空間に照明によって温かみを与えることもできます。柔らかな電球色の光が空間の中で果たす役割は非常に大きいです。間接照明やブラケット照明など、照明方式にこだわってみるのも効果的ですね。

小物類も徹底的にモノトーンに

 

壁・床・天井・家具のみならず、ラグやカーテン、壁掛けの絵画やイラスト、クッションなど、あらゆるものを油断することなく徹底してモノトーンに統一していくとより効果的です。

まとめ

 

モノトーンの空間はスタイリッシュでかっこいいですが、殺風景になりそう、冷たそうという印象を持たれることもあります。白・黒・グレーのみで構成された空間はスタイリッシュな反面、確かに無機質になりやすいですが、そこに何らかのアクセントが存在することで一気に親しみが持てる空間になります。それは、緑であったり、景色であったり、光であったり、お気に入りの家具であったり。

あなたのお気に入りをうまく取り入れることによって、豊かなモノトーンインテリアを実現してみてはいかがでしょうか。