家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

家づくりにおいて魅力的な場所を生み出すアイデアいろいろ

 

f:id:Frappuccino:20190806071530j:plain

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

あなたにとって、居心地のいい場所、魅了的な場所とはどのような場所でしょうか。自分にとってのお気に入りの空間が家の中にあれば、毎日の暮らしがより豊かになり、家族で過ごす時間や友人や知人を招いて共に過ごす時間がよりいっそう楽しいものになること間違いなしです。

そんな魅力的な空間はあなたの家のチャームポイントとなり、とても価値のある時間をあなたに提供してくれるはずです。

今回は、そのような魅力的な空間を生み出すためのアイデアをご紹介していきたいと思います。

 窓際で腰掛けられる場所 

f:id:Frappuccino:20190806072114j:plain

  出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより引用

       https://www.breath.com.au/ 

 

f:id:Frappuccino:20190806072034j:plain

   出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより引用

       https://www.breath.com.au/ 

窓の近くは外の景色を眺めることができて、日の光を感じることができる魅力的な場所です。窓を開ければ外からの風を感じることもできます。外を感じることができる窓際空間にちょっと腰掛けることができる仕掛けがあればとても居心地の良い場所が生まれます。

窓のそばにチェアを置くだけでも簡単に実現できますが、窓周りの壁と一体させて、ソファベンチのように作り込んでクッションをならべてあげれば、それだけでもオシャレで落ち着きのある居場所が出来上がります。

腰掛けて休憩したり、ただぼんやりしたり、読書やティータイムにもちょうどいいですね。 

 

f:id:Frappuccino:20190808010624j:plain

 出典:「Fabian Tan Architect」HPより

    http://www.fabian-tan.com/   

単に座ったり、寝転んだりするだけの場所としてだけではなく、下部に収納スペースが確保されていれば機能的にも有意義な空間になります。お気に入り本をしっかりと収納できる、すぐに手が届くそんな居心地の良さと機能性を備えた特別の居場所ができそうです。

 

f:id:Frappuccino:20190808011057j:plain

 出典:「Fabian Tan Architect」HPより

    http://www.fabian-tan.com/  

窓の外側に腰掛けることができる場所があるのも魅力的です。しっかりと軒を確保して、直射日光や雨を遮りながら、内部のようでありながらも外部を感じることができる絶妙な空間を生み出しましょう。

お店のような食事空間 

 f:id:Frappuccino:20190806072413j:plain

  出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより引用

       https://www.breath.com.au/ 

ダイニングテーブルでの食事が主流ではあると思いますが、写真のように、少し囲まれたような空間を設けることで、まるでレストランのような場所が家の中に生まれます。

ペンダント照明やちょっとした絵なんかを壁に飾ってあげるだけでより、お店っぽくなり、ちょっとした非日常的な食事空間が出来上がります。

毎日の家族での食事の時間がより楽しく、家に居ながらにしてお出かけしているような感覚を味わうことができますね。友人を招いて食事するのもより楽しくなりそうです。

階段下の居場所 

f:id:Frappuccino:20190806072330j:plain

  出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより引用

       https://www.breath.com.au/

f:id:Frappuccino:20190806072818j:plain

  出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより引用

       https://pitchad.com.au/ 

階段下のデッドスペースを収納に活用するのはよくある手法ですね。その他にも、ちょっとした書斎や作業スペースに利用するというパターンもよくあります。

階段下の空間は必然的に天井が低くなってくるので、座って過ごす場所として利用するには、とても合理的と言えます。少し低い天井と、やや囲まれた感じの空間は落ち着きのある作業空間を生み出すのに非常に適していると言えるでしょう。

リビング階段であれば、家族のそばで作業ができる場所が生まれるので、家族との時間を大事にしながら、自分の仕事や勉強の時間も確保したいという方には魅力的かもしれませんね。一方で、リビングでみんなの声が聞こえながらでは集中しづらいという場合もあるので注意しましょう。 

緑が見える浴室 

 f:id:Frappuccino:20190806072959j:plain

  出典:「Padovani Arquitetos Associados」HPより引用

       https://padovaniarquitetos.com.br/inicial/  

戸建てで家を建てるからには、浴室にはぜひ窓を設けておきたいですが、その窓からバスコートの豊かなグリーンが見えるととても魅力的なお風呂空間を創出することができます。

スコートはそんなに大きな庭を確保する必要はなく、写真のように外の世界を遮ることができる塀を立ててあげて、その手前に植栽を植えてあげれば爽やかなバスコートの出来上がりです。

なお、バスコートについては下記の記事においてもまとめておりますので、合わせてご参照いただければ幸いです↓↓

 

www.my-home-dream.com

 

シンボルツリーを中心に 

 f:id:Frappuccino:20190806073515j:plain

  出典:「Padovani Arquitetos Associados」HPより引用

       https://padovaniarquitetos.com.br/inicial/ 

ある程度の広さの庭を確保できるの出れば、思い切って庭の真ん中にシンボルツリーを植えてあげるのも楽しそうですね。

中央に植えられたシンボルツリー廻りに椅子やベンチ等をおいて、気を拠り所にしたレイアウトします。アッパーライトで樹木を下から照らしつつ、目線よりも高い塀で庭をしっかりと囲んで外の世界と断ち切ってあげれば、プライベートで居心地の良いお庭空間の出来上がりです。 

まとめ 

家の中で魅力のある居心地の良い場所を作ることは結構大事です。それがあるかないかによって、住んでからの満足度は大きく変わってきます。今回は比較的取り入れやすいアイデアを中心にご紹介させていただきましたので、どのような居場所を生み出すかぜひ検討してみてくださいね。