家づくりのガイドブックA GUIDEBOOK OF IEZUKURI

いい家づくりに必要な知識やノウハウが詰まったガイドブック的なブログを目指します。

リビングを魅力的にするアイデア

f:id:Frappuccino:20190911231821j:plain

こんばんは。家の設計をしております、建築士の「いえもん」です。

今回はリビングを豊かで魅力的な空間にするためのアイデアを特集していきたいと思います。家族みんなが一緒に過ごすリビングが心地よい場所であればあるほど、その家の価値はより大きなものであるといえます。

よりたくさんのアイデアに触れることによって、あなたのリビングに魅力的な要素をどんどん取り込んでいってください。

明るくナチュラルな雰囲気を演出したリビング 

 f:id:Frappuccino:20190911022228j:plain

 出典:「studiofour」HPより

     http://www.studiofour.net.au/

上記の事例ではリビングを魅力的にする代表的な手法がたくさん取り入れられてます。庭に面して大きな開口が設けられていますね。大きな掃き出し窓は庭の豊かな植栽の緑と自然光を室内に取り入れてくれます。敷地周辺環境を十分に確認した上で、隣地からの視線等、プライバシー上の支障がなければ積極的に大きな窓を確保していきましょう。十分な採光と風通しが確保できれば、リビングの居住性は格段に向上してきます。

植栽は庭だけではなく、室内にもインテリアグリーンとして添えてあげることによって、リビングでの時間がよりいっそう彩り豊かになることでしょう。

白をベースとしたインテリアに床材はメイプルなどの明るい木材を選べば、ナチュラルでさわやかな雰囲気を演出することができます。さらに天井にも木調のテイストを取り入れることによって、自然の風合いが表情豊かな空間を生み出します。

テーブルや椅子などの脚は視線が通るシャープなデザインの家具を選定することによって、視覚的に空間の広さを感じさせることができます。

その他、リビングを広く見せるための工夫については下記の記事も合わせて参考にしてみてください↓↓

 

www.my-home-dream.com

 

f:id:Frappuccino:20190911024342j:plain

 出典:「ARRCC」HPより

    https://www.arrcc.com/ 

同じく白を基調としたリビング空間です。明るく爽やかな雰囲気を追求することによって、リゾート感あふれる空間を生み出すことができます。

窓枠やカーテン、床色を白で統一し、ラグやクッションで少しグレーやアースカラーを取り入れる、特徴的なデザインの木質リビングテーブルを置いて、明るく開放的なリゾートテイストのリビング空間が構成されています。 

f:id:Frappuccino:20190911024452j:plain

  出典:「ARRCC」HPより

    https://www.arrcc.com/  

こちらはさらに空間の多くの部分が白色で構成されており、木質カウンターのテクスチャーと、外の景色を切り取る水平窓が際立って見えるのが印象的です。

リビングにこのようなカウンターがあると、カフェの時間がより豊かで充実した時間になりそうで非常に魅力的です。

 

f:id:Frappuccino:20190911025308j:plain

出典:「STUDIO AG」HP より

              https://www.studioag.arq.br/ 

明るい色をベースに構成した空間の中に、アクセントカラーが少し取り入れられているのも素敵です。家具や小物類にお気に入りのカラーを取り入れて、空間に表情を与えることができます。

様々な色彩を取り入れた事例は下記の記事においてもアイデアを紹介させていただいておりますので、ぜひ参考にしてみてください↓↓

 

www.my-home-dream.com

 

 折り上げ天井や間接照明を取り入れたリビング 

 f:id:Frappuccino:20190911084718j:plain

 出典:「RAULINO SILVA ARQUITECTO」HPより

    http://www.raulinosilva.blogspot.com/

 折り上げ天井をリビングに取り入れることも結構多いですね。部分的に10センチ~20センチ程度天井を高くすることによって、空間に開放感を生み出します。天井の段差の部分に間接照明を仕込んでおくことによって、ふんわりとした光を演出することができます。

 

f:id:Frappuccino:20190911093307j:plain

 出典:「ARRCC」HPより

    https://www.arrcc.com/  

f:id:Frappuccino:20190911093339j:plain

 出典:「ARRCC」HPより

    https://www.arrcc.com/  

折り上げ天井の部分を木調にすると、天井面が空間のアクセントになってリビングの雰囲気が一気に変わってきます。間接照明で照らしてあげると木の質感がより豊かに表現されて美しく演出することが可能です。

木質のテイストを取り入れたリビング 

f:id:Frappuccino:20190911103841j:plain

  出典:「GUIMATTOS」HPより

     https://guimattos.com.br/

天井だけではなく、壁面も木質で統一することによって、よりいっそう温かみと自然の風合いにあふれた空間を構成することができます。木のぬくもりとやさしい肌触りを感じられる空間の正面に美しい外の景色が見える大きな開口を設けることができれば、さらに素晴らしいリビングが出来上がります。

 

f:id:Frappuccino:20190911104607j:plain

 出典:「DEBORA AGUIAR ARQUITETOS」HPより

     http://www.deboraaguiar.com.br/ 

アクセントウォールとして取り入れた木質の壁面を、部分的にスポットライト照明で照らしてあげるのも効果的です。電球色の温かみのある光で照らしてあげると、木の温かい雰囲気が増して、親しみやすい空間が生まれてくれます。

光の取り入れ方が美しいリビング 

f:id:Frappuccino:20190911104926j:plain

  出典:「Pitch Architecture+Developments」HPより

     https://pitchad.com.au/

正面奥側に設けられた坪庭の景色が美しいリビングです。上部から差し込んだ自然光が木漏れ日を感じさせる豊かな空間を生み出しいています。右側壁面上部はスリット状のトップライトが設けられており、効果的に採光しています。例えば敷地が狭小で、プライバシー上窓を設けにくい場合、トップライトやハイサイドライト(高窓)は、お隣からの視線を遮りつつ、光を取り入れることができるので有効な場合があります。ただし、トップライトは方角によっては部屋がかなり暑くなってしまうので注意しましょう。南側に向けたトップライトは日射がダイレクトに室内に降り注ぐので、お部屋の中が暑くなったり、空調のランニングコストが高くなってしまいます。 

大きな本棚があるリビング 

f:id:Frappuccino:20190911093909j:plain

 出典:「studiofour」HPより

    http://www.studiofour.net.au/

 

f:id:Frappuccino:20190911094218j:plain

 出典:「KENNEDY NOLAN」HPより

   http://www.kennedynolan.com/ 

リビング空間に家族みんなが使うことができる共有の大きな本棚があると便利です。本や雑誌をたくさんお持ちの方、読書好きの方がいらっしゃるご家庭には特におすすめです。

このようなファミリーライブラリは家族間の交流を深める上でとても有効です。家族間での情報共有ができたり、お互いの本に関心をもったり。各自の部屋に閉じこもって本を読むのではなく、リビングで本を読むことによって、家族が一つの空間で過ごす時間が増えますね。 

お気に入りの本が壁一面に広がる姿はとても迫力があって、リビングの一部がまるで図書館になったようでとても魅力的です。 

段差を取り入れたリビング

 

 

f:id:Frappuccino:20190911105849j:plain

出典:「KENNEDY NOLAN」HPより

   http://www.kennedynolan.com/

リビングの床レベルを下げることによって、周辺よりも天井高さが上がるとともに床に段差が生まれます。こうして生まれた段差はちょっと腰かけて休憩したり、子供の遊び場になったりと、リビングのアクティビティの幅が広がります。

家族の交流を誘発できるリビング

 

 

f:id:Frappuccino:20190911230504j:plain

 出典:「STUDIO AG」HP より

              https://www.studioag.arq.br/ 

 

f:id:Frappuccino:20190911230539j:plain

 出典:「ROBESON ARCHITECTS」HPより

    https://www.robesonarchitects.com.au/ 

リビングは家族間のコミュニケーションを大事にすることができる場所でありたいものです。家族間の接点を増やすことができる、代表的な手法としてリビング階段とストレートダイニングが挙げられます。

リビング階段にしておくと、帰ってきたときに必ず一度リビングを経由して2階の個室に向かう形になるので、「ただいま⇒おかえる」のコミュニケーションが自然と大切にすることができます。

リビング階段については下記の記事においても詳しくまとめております↓↓ 

www.my-home-dream.com

 そして、ストレートダイニングも親子の接点を大切にする上で非常に効果的です。キッチンの作業スペースとダイニングテーブルが横並びにレイアウトされていることによって、家事をしている横でお子様が学校の宿題をしたり。子供にとってはわからないところを聞きやすく、親にとっては家事と育児を同時並行することができ、親子のコミュニケーションも大切にすることができるレイアウトと言えます。 

まとめ 

 いかがだったでしょうか。今回はリビングを魅力的な空間にするための様々なアイデアを特集させていただきました。より多くのアイデアに触れることで、より理想的な空間の実現に近づいていくと思います。ぜひさまざまな事例を積極的に参考にしてみてください。

 

家づくりに関する人気ブログをご覧いただけます↓↓

にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村